スポンサーサイト

  • 2017.03.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    メカクシティアクターズ5話「カイエンパンザマスト」感想

    • 2014.05.11 Sunday
    • 14:41
    休憩と見せかけての情報回?
    前回が前回だっただけに穏やかに見れる回だったように思います。

    今まで出てきた子どもたちが揃い、
    事態がそろそろ大きく動くのではないかなと思うのですが
    どうなるのか…!

    以下感想考察は続きから!

     
    <感想>
    1〜4話までで出てきた子どもたちがこれで揃い…ましたよね?
    大人は一人出てないですけども。

    主人公おかえり!ってことで
    1話と同じような謎空間で話すシンタローとマフラーの少女。

    最初シンタローは少女と話すさえ嫌がっていたそうなのですが…
    何があったのか。
    最初はってことは何回か会っているのでしょうか。

    気付けるのは君だけ。君が思い出すまで。
    本当謎めいていますね。
    いつこの発言の真意が明かされるのか。

    そして場面は変わって「いい匂い」の部屋で目覚めるシンタロー。

    しかし現状教えてもらうためとはいえ
    よく見知らぬ場所でパンイチになる気になりましたねシンタロー
    結果マリーちゃんが絶叫するハメになるんですけども。

    パンイチだけで叫ぶってことは男子二人はパンイチでうろうろしたりしないんですかね?
    まぁしないタイプっぽいですが。

    パンイチになった結果パンイチのまま縛られ怒られるシンタローでしたが
    お腹冷えるからやめたげてよぉ!

    その後
    モモがシンタローをふるぼっこにしたり
    団のいじりキャラであるエネとカノがシンタローとマリーを生贄に闇のゲーム(社会的に死ぬ的な意味で)したり
    キドがカノを蹴り飛ばしたり(ぶっ飛びすぎてカノ死ぬんじゃないか)
    セトがシンタローを心配したり(ただし椅子からは動かない)

    これまでずっとAパートは基本的にギャグパートとして使われてますね。
    こういうスタイルで行くのでしょうか?
    後半になったら変わってくるのかしら。

    無理矢理入団させられたシンタローでしたが、
    18歳(無職童貞)でよくわからない秘密組織?に入団とかおかしいし痛いだろ!!
    ってことで逃亡。
    そして街で人を探しているコノハに遭遇。
    まさかここで遭遇するとは…。

    ものっすごい飛んできたけど
    なぜあんなノローっとしてるのに動くときだけは力入ってるんだコノハ

    一方他の団員はシンタローが逃亡したので
    当初の予定であった遊園地行きを変更して
    「初代団長」のお墓参りへ。

    マリーの質問にテンパり逃亡するセトがw
    どこまで頭冷やしにいったんでしょうか。
    いじられキャラ認定ですねお疲れ様です。

    いじり:カノ、エネ
    ツッコミ:キド
    天然ボケ:マリー
    いじられ:シンタロー、セト(、マリー)

    ってところでしょうか。

    セトがいないままお墓に向かう途中で
    キドカノセトの3人が同じ孤児院出身の幼なじみであること。
    マリーが入団した経緯。
    初代団長が死んだことを知らされるモモとエネ。

    人間関係とか団の周りのこと少しずつですが見えてきました…かね。
    ここらへんのお話、アニメでどこまでやるんでしょうか。


    またまたシンタローサイドに話はもどり…。
    コノハと一緒に、
    「これくらいとこれくらいの男の子と女の子」
    という名のヒビヤとヒヨリを探すシンタロー。

    関わらないほうが良いと言っていたのに一緒に人探ししてあげるあたり
    シンタローのお人好し加減がわかりますね。

    と、ここで目の前で誘拐されそうになっているヒビヤとヒヨリが。
    それを目を赤くして助けにいくコノハ

    むっちゃ飛んでますね。
    むっちゃ飛んでますね。(大事なことなのでry)
    これなんのアニメだっけ?
    コノハだっけ動きがバトルものの様相を呈しています。
    エネとカノもカードバトルしてましたけども。

    誘拐犯を追い払ってヒビヤとヒヨリを助け出そうと手を差し伸べるコノハでしたが
    後ろからトラックが迫ってきて危機一髪…
    というところで突然現れた蛇に4人は呑まれました

    なんだこれ…
    あの蛇の正体はなんなんでしょう。
    呑まれた四人はどうなってしまったんでしょう。
    銃弾に倒れたあと3話放置された主人公が戻ってきたと思ったら
    またもや大変なことになってます。
    すさまじい巻き込まれ体質ですね。

    主人公大変なことになっていますが、他の団員はお墓に到着。

    盛大に挨拶を失敗するモモちゃんを尻目に
    キドさんは初代団長の写真をお墓の横に置きます…が
    写真にはキドカノセトとマフラーの少女が。
    それを見て驚きを隠せないエネが「アヤノちゃん…?」と。

    ここで本編終了。

    声優欄でずっとxxxで通してきたマフラーの少女の名前がここでようやく…!
    カゲプロの動画見たら名前わかる子なんですけどね。
    というか孤児院の子たちとの関係も結構わかっちゃうんですけどね。
    アニメだけの方から見たらようやくか…!という感じなのでしょうか。

    少しずつ人の繋がりが見えてきたり出来てきたりの話でしたね。
    主人公が大変なことになっていますが。
    頑張れ主人公。次はいつ出番なのか。


    <ネタバレ全開の考察とか>
    今回遊園地に行かないルート+シンタローがコノハと単独で接触ってことで
    いよいよもって他の作品群を見ていてもわからない展開になってきましたね。
    ここから大きく他とは逸れて独自のルートを進んでいくのでしょうか。

    小説や漫画等で話していない気がする初代団長の話が
    キドの口から語られたというのは個人的には驚きでした。
    他媒体では話す機会がなかっただけで話すこと自体はそこまで抵抗はなかったのかしら。

    Aパートでシンタローがアヤノのことを覚えていないせいで忘れていましたが
    あれは別空間のお話っぽいのでエネやシンタローは普通?の世界ではアヤノ覚えているんですよね?多分
    というかアヤノのこと覚えていなければシンタローが引きこもる理由がないですもんね。

    カノが軽口だと思われてしょげていたのは…うん。
    おそらく他とだいたい同じルートなんしょうね。
    アニメでも誰かに救ってもらえるといいな。
    OPがとてもバッドエンドですけども。


    あと今回コノハたちのところへトラックが突っ込んできたところで
    『蛇』が出てきましたが、あれはみんなが死んだ時に呑まれた蛇なのでしょうか。
    だとしたら誰かが消えて誰かが能力を得るのでしょうか。
    すでに能力を得ているコノハが呑まれていましたがその場合どうなるのか…?

    能力を得ているといえば、コノハがシンタローの目の前に飛びかかってきた時、
    影になったシンタローの目が赤くなっていたのは…
    シンタローもすでに能力を得ているということなんでしょうか…?
    どの媒体でも目が赤くなる描写はあってもシンタローの能力は謎のままなので…どうなるのか。


    シンタロー、アヤノ、エネ、コノハの繋がりも少し見えてきたところで
    次回はヘッドフォンアクターですし、どう展開するのでしょうか。
    夕景イエスタデイではなくヘッドフォンアクターというタイトルでお話を入れてきたということは
    結構展開詰めてあるんですかね。

    少し若い?小さい?頃のみんなが見れると思われるのでそこも楽しみです。
    セトとマリーは…フォレストブレイヴはそのうちちらっと見れたりするんですかね?
    小説でもまだ来てない話ですが…
    漫画のほうはそろそろ入るのかな?っていう雰囲気でしたがはてさて。

    スポンサーサイト

    • 2017.03.15 Wednesday
    • 14:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      カウンタ

      ブログパーツUL5

      WEB拍手!

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM